FC2ブログ

<10月21日>文化祭「音楽芸能部門」第1日目

今日は、文化祭音楽芸能部門の第1日目でした。
23団体の出演がありました。
今日の僕的な見どころは、前半のピアノ。
プロコの戦争ソナタ7番の3movがありました。
22歳の女性の方だったんですが、3月までに仕上げればいいやと
思っていたんだけど、先生にこの文化祭に出ろと1ヶ月前に言われて・・・・。あら。大変。今回は出演のお願い出さなかったんだけどな・・・。そんなで、どうなるかと思っていましたが、あの難しいソナタを多少ゆっくりにはしてありましたが、ちゃんと弾きこなしておりました。すごい。曲もカッコいいし、僕もやりたくなっちゃいました。
<無理だよね・・・。(^_^;)>

でも、残念なことに観客には余り伝わらなかったみたい。
プロコって和声的にかなり難しい和声を使うので、見る人から見ればただの不協和音の集合体としかみてくれないことってあるんですよね。
今回もそれが合ったようで、お客様的な受けはイマイチでした。
かわいそうだなぁ~。恐らくうちの文化祭史上一番難しい曲だった気がするんですが・・・・。(ちなみにその前は僕がH8に弾いたバルトークのルーマニア舞曲の2番もしくはH2・3くらいに常葉の講師とうちの妹が弾いたラフマの前奏曲の5番)まぁ、僕はその難しさを存じ上げております。そして、ピアノの先生なんかも何人かいらっしゃっていたのでわかってくれた人もいるということで、良いのではないでしょうかね。
演奏された○○さんお疲れ様でした。

次に、僕の演奏はどうだったかというと・・・・。出番待ちの状態で舞台袖に居るときでさえ、××の団体がまだ受付済んでないんだけど~。なんて話が飛び込む。時間は僕の演奏の20分後。仕方ないので、
この演奏が終わったら探しに行くので、少し待っていてと伝え演奏。
そんな話を耳にした関係で、ついつい伴奏をゆっくり目に弾かせてもらった。(時間を稼ぐため)歌い手さんごめんなさいね。勝手なことをしました。
曲は「叱られて」「つきの砂漠」。でも両方とも無事に歌ってくださって、ホント良かったと思います。聴衆も知っている曲ですので心が和んだみたい。良かった良かった。ホッ
ちなみにこの後受付へ行ったら、探していた団体、見つかって控え室入りしたらしい。
こちらもホッといたしました。

スポンサーサイト



プロフィール

schun

Author:schun
趣味でピアノと声楽をやっている者です。
日々のたわいも無いことを綴っていきます。
生息地:静岡県
誕生日:12月24日
年 齢:39歳(5年経ちました)
家 族:じぃじ・ばぁば・よめさん
    おこちゃま
職 業:事務屋~イベント屋まで

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク