FC2ブログ

半端な音楽

みなさん、おはようございます。
今日の内容、書いていたらすべて愚痴になっていました。(^_^;)。
このため、たたんで記載いたします。

僕の愚痴を包んでいただける、包容力のある方のみ、開いてご覧くださいませ。

ごめんなさいね。昔っから愚痴っぽい人間な者ですから・・・・。
お許しください・・・・。
打ち込みをやる方やピアノを弾かれる方はおわかり、多分音楽をやられる方なら誰でもわかることだと思いますが、伴奏に見え隠れるメロディーラインってどう思われますか?
恐らくピアノ的には一番駄目なパターンかな。内声と外声に分けてでもメロディーラインはメロディーラインとして生かしていきますからね。

次に、打ち込みをやられる方だとおわかりだと思いますが、音を重ねたところと言うのは当然ボリュームが大きくなりますよね。算数でも足し算が増えると数字が大きくなるのと一緒で、音符をたくさん使えば通常のソフトではボリュームは大きくなります。逆を返せば、音符の重なりが少ない部分はボリュームは小さくなります。

何が言いたいか・・・・。
実は僕は先日演劇の関係者から当日の音楽にといって預かったCDの音源を採用しませんでした。あまりにも貧弱なので。
それが上の理由です。
見え隠れするメロディーライン。やはりメロディーラインが見え隠れしてしまうとその曲の持つ訴える力をそいでしまう場合があります。
ですので、これはとってもいただけませんでした。
おまけに、曲のバランスがどうしようもない。
ピアノの伴奏が入っているのですが、旋律49に対して伴奏1くらい。
隣にいる相棒はピアノ伴奏が聞き取れなかったくらいですので・・・。
また、上にも書いた音たちのボリュームバランス。音が一杯入っているところは音が強く、音が薄いところは音が弱い。これをひとつのキャンバスに載せたら、どう考えたってバランスが悪く感じますよね。
これも、どうしようもない。

極めつけ・・・。
僕自身は楽譜を見ていないのでなんともいえませんが、童謡なのに不思議な和声を使っている部分があると言うこと。出来るだけ作曲者の方はわかりやすい和声でこの場合曲を作っていると思うのですが、不協和音があるんですよね。しかも複数。恐らくこれは打ち込み間違いな気がするんです。伴奏なので気にならない方もいらっしゃると思いますが、明らかに僕の耳には異色に感じました。また、表現力的にも演奏をされたことがない人の演奏だとわかる曲の表現。ただ打ち込んだだけといった感じの部分も・・・・。とってもおしゃれに作曲されているんですよね。忠実に表現すればとっても軽やかにセンスの良い曲なのですが、ただ打ち込んだだけのようで、ある一部のフレーズがまとまりきれていない。そこだけ別の曲っていうか、この曲こんなんだっけ?みたいな。

これだけの、問題が僕の頭の中にあって、取り上げなかったんです。
ちなみにこの方、今度は馬車にパフパフホーンを入れてきたといってまた音源を持ってきました、こちらについても聞いてみると、切って貼っただけ。恐らくLもしくはRにパフパフ☆ホーンの音を切って貼っただけなんですよ~。しかもそのパフパフ☆ホーンがパフパフではなく、どう聞いても昔のお豆腐屋さんのチャルメラに似たラッパの音。リズムまでお豆腐やさんでしたので・・・。これでは駄目だろうと思い、監督に話を通してください。監督が使うと言うのであれば、トラックに入れますのでと申し上げておいたらやはり使わなくなったみたい。

これに懲りず、なんか、実際にあるパフパフを持っていってそれを貼り付けてくるみたいですが、どう考えてもクオリティーが高いものとはいえないだろうなぁ~と想像がついてしましました。

いずれにしても、音源の関係で、これだけもめています。
今日は仕方ありませんので僕自身監督さんにお時間を頂いて、音源確定を行なおうと算段いたしました。
これで音源が確定できれば、いいかなと考えています。
音楽をかじったことがない人が音楽をかじるってすごく難しいんだなと感じてしまう今日この頃です。
ただ、音楽のホントの意味、音を楽しむと言うことを理解したうえで音楽をかじれば、それほどこのラインを厳格化する必要もない気がするのですが・・・・。この音源、僕はいったいどおしたらよいのやら・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ハンパじゃないぜ!!

schunさん、やっぱり極めていらっしゃいますね♪スゴイ!
餅は餅屋だ。専門家だ。w

タイトルや初めの方のメロディーラインのとこらヘンを読んだとき、私はズタズタにされた気分になりました・・。
あ、でもMじゃないですよ~(^-^)

素人だし、楽しければそれでいいんだよ。でいいといえばそれまででしょうが・・・、
そんな素人なりにも少しでも本物の音楽に近づきたいと思いますよ。
ただ・・・出来ないんだ。ヘタくそなんだー。
理解していない部分も多々あると思います。
私個人としては、そんな問題を抱えていますが、schunさんの関わる方は実際どういうつもりでいるんでしょうねえ・・。

schunさんの「それにつけてもコレだけは
譲れない!!」というポリシーとお相手の方と丁度いい、加減のポイントで折り合いがつけばいいですね☆

そうそう。冬眠していた「ママさんコーラス」が1月末に練習再開するんです。
あの「震源になるから言わないほうがいい」と言ったコーラス隊です。
素人なりにも、今年はもっとレベルアップしたいなー☆
歌も伴奏も♪

記念イベントですので・・・・

セージュさん、おはようございます。
ふつうのschunは大目にみると思います。
おそらくね。

ただ、今回の場合はわけが違う。
記念行事にともなう記念公演なんです。
もちろん、その曲の作曲者もいらっしゃいます。ですので、下手な編曲をしたらそれこそ刺されてしまいますよ~。

というわけで、ピリピリもんなんですよね。
結局、その方抜きで舞台監督と音源確定を行ないました。とりあえずは解決といった感じです。
流石の僕もね、本人目の前にして上記のような内容は言えませんよ~。ですので、監督にご判断を仰ぐと言うことで調整をした訳です。ははは。

コーラス、再開ですか。
頑張ってくださいね。応援しています。
そうそう、今日の朝の作業で新しい技術マスターしました。(*^^)v
うまくいくといいな。。。。。

セージュさんも頑張ってね。(^_^)/~
プロフィール

schun

Author:schun
趣味でピアノと声楽をやっている者です。
日々のたわいも無いことを綴っていきます。
生息地:静岡県
誕生日:12月24日
年 齢:39歳(5年経ちました)
家 族:じぃじ・ばぁば・よめさん
    おこちゃま
職 業:事務屋~イベント屋まで

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク