FC2ブログ

演奏者本位とお客様

今日の日記は昨日の日記を少し掘り下げます。
演奏者本位についての少し自分的な補足を・・・・。

練習をどれだけしたかというものは、舞台で見ていてもあまりわかりません。結果として、お上手な場合と、結構間違えるなぁ~と、テンポは落としているけどまとまってるなぁ~。くらいに僕的には判断が分かれます。

僕的に考えるのは、それぞれの資質というのもありますので、多少間違えているものをお客さんに提供しても、こういった文化祭などの場合は仕方がないことだと思います。(お金をもらっている場合はそうはいきませんが・・・・)
しかし、今回はあまりにもレベルが低すぎました。チューニングを何もしないまま、演奏してズレズレの演奏をお客さんが聴かされたり。アンプを持ち込んで、お客さん的に耳障りな大音量の演奏を聞かせたり、拍がずれてしまってどうしようもない状態。(4拍子の曲が3拍ずれた演奏)などなど、コレらは練習云々といったことではなく、舞台で少し気を遣えば改善できると思うんですよね。たとえば、最後の拍の問題でも、お客さん的には完全にずれた状態で5分も聴いていたら不愉快ですよね。だったら、途中で止めてしまい、途中からなり最初からなりやり直す位の度量が先生にあっても良いのではないでしょうか。1回くらいならokだと思うんですよ~。それで、ちゃんとした音楽が聴けるのであれば、お客さんだって少しくらい我慢します。それを、ずれたまま延々と引き続ける。
結局、こちらはどうしたか、最終的にはこのズレた伴奏をミキシングで消してしまいました。そしたら、終了後、伴奏がなくなって弾くづらかったと講師がおっしゃる。そのまま、舞台上で、そんなずれた演奏はお客さんだって聴いていられない。だから切りました。お宅は激しくずれているのがおわかりになりませんでしたか?と逆にお話した次第です。
このレベルになってくると、ホントにこの団体は舞台で演奏する資質を持ち合わせているのかと、根本から疑問に思ってしまうんですよね。
僕的には、こういう団体こそ、演奏者本位の考え方なんだろうなぁ~と思ってしまいます。

お子ちゃまの演奏を聴くと良くわかるんですが、間違わないように頑張ろう!!ってな感じでよくやってます。僕的にはこの姿勢が一番分かりがいいかなと思います。コレは逆を返せば、最良のものを提供しようという考えにつながっていますので。
それに対して、大人の方では「プロじゃないんだから、楽しもうよ~」という考え方が多いようです。この考え方も実際大切なことです。音が苦になってはいけない。楽しくなければという考え方。僕も持っています。でもコレってのは一線を越えてしまうと、出演者本位の状況を作りやすいんですよね。ですので、演奏者たるもの、常にお客さんのことを考えながら演奏する意識というのは持ち合わせていて損はないと思います。
この見解は、損はないというプラス的思考を申し上げているのであり、出演者本位の考え方がまずいと完全に否定するものでもありません。実際、常にお客さんの顔色を伺って演奏したって、良い音楽が作れるものではありません。でも、一線というものは引くべきではないかと思うんですよね。その辺の感覚を来年度は出演団体に求めるような運営方針を立てていきたいと考えています。

色々と書きましたが、これはあくまでも僕の見解です。別の角度からの見解も当然あると思いますので、その点はご了承くださいね。

また、こういった団体の演奏ばかりではありません。こういう団体もあった程度のもので、出演団体の多くは、ちゃんとマナーを守り素敵な演奏をされておりました。出演者の名誉のためコレだけは強調しておきます。
長々と書いてしまいました。読んでいただいてありがとうございます。m(__)m
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なるほど~~@@!!

含蓄深いなあ、schunさんのものの考え方、捉え方って。やっぱどこか違うヒトはその道の哲学をもっていらっしゃいますよ
ね!!

今日わたしもピアノの先生からの一言で、ふっきれたものがあったのです。自分の日記に書きますが、またshunさんもお仕事がひと段落ついたらゆっくりいらして下さい♪楽しみにしてますから・・・。
ピアノを弾く上で、技術的なことや精神的なこと、shunさんやあくあさんだったらなんとおっしゃるかしら・・・?って聞いてみたいこともあるのです。それまでに考えをまとめておくので、お仕事がんばって下さいね♪

日記

セージュさん、おはようございます。
日記、ざざっと拝見させていただきました。
セージュさんの日記も奥が深いなぁ~と
思いながら読ませていただきました。
色々と大変ですが頑張ってくださいね。

今日の夕方から、多少あいてきます。
もう一度拝見させていただいて、飛び飛びになるとは思いますが、コメントを入れさせていただきますね。

よろしくお願いいたします。

なお、今日の日記の参考にはなるとは思えませんが、今までの僕の考え方の変遷を少し述べさせていただきます。文章表現上少し、セージュさんのお気持ちの逆のことを書く場面もある気がいたします。。ですので、あまり読まれない方がよろしいかなとも思いますが、あくまでも僕の考え方ということで、万が一読まれるようでしたら、聞き流してくださいね。よろしくお願いいたします。m(__)m。

いずれにしても、少し記載しておきます。
ではでは~(^-^)/~
プロフィール

schun

Author:schun
趣味でピアノと声楽をやっている者です。
日々のたわいも無いことを綴っていきます。
生息地:静岡県
誕生日:12月24日
年 齢:39歳(5年経ちました)
家 族:じぃじ・ばぁば・よめさん
    おこちゃま
職 業:事務屋~イベント屋まで

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク