FC2ブログ

10月28日「くまこ&うっちー写真撮影会」

今日は、「くまこ」と「うっちー」の写真撮影会を行いました。
妹1の「くまこ(写真中央)」と妹2の「うっちー(写真両端)」
場所は、柏谷公園という家から車で20分くらいのところにある公園。
最初10分くらいお子ちゃまを遊ばせ、その後撮影会に。
妹たち、竪穴式住居や高床式倉庫・埴輪・水車などをバックに写真を撮っていました。
いろんな写真が結構撮れたみたい。
40分くらいの撮影会でした。

そのあとは、お食事タイム。何処かのオフ会にちなんで僕らもラーメン屋さんへ。でもちょいと混んでいる。ってなわけで、嫁さんと妹をそこで待たせて、僕らはガソリンを給油に。車で10分くらいのところにあるので、スグに給油することが出来ました。
戻ってくると、ラーメンがちょうど届いたところみたい。計ったかのようなタイミングで帰ってこれたらしい。よかったよかった。

その後は、おうちへ帰り、まったりと過ごす。
ロード・オブ・ザ・リングスの最終章も見れたし。なかなかのんびりとした日を送ることが出来ました。

gousei



写真はもちろん合成。ホントは、彩度とかの調整もしないとまずいのですが、とりあえず、合成しちゃいました。(^_^;)。
こういうズボラなところが致命傷になるのかもね。ははは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

楽しい休日をお過ごしのようで、何よりです。

schunさんは、妹さんと仲が良いのですね♪
私にも3歳上の兄がおりますが、話すのはお正月くらいですよ(><)めったに会いませんからね・・・。元気でやってくれていればそれでいいって感じです。

mavie情報ありがとうございます。
schunさん、サンディアカフェってお好きですか?私は初体験ですが今度の8日にディナーに連れていってもらう予定なんです
よ。昼はロコモコ丼が美味しいらしいんです

さて本題。バッハのことですが、バッハの時代はチェンバロですよね。弾くときってどんな感じなのかな?ヤマハの先生は弾むような弾き方で(もちろんノン・レガートですが)教えてくださいます。スタッカートで。
微妙にこれだ!!という音色があるようなんですがどんな風に弾いたらよいのですか?人や出版社によって解釈が違ったりして、迷います。バッハのアナリーゼってどうやればよいのですか?
ちなみにインベンション2声です。

バッハのアナリーゼについて

セージュさん、おはようございます。
結構仲良いですね。来れば必ず皆で何処かに出かけています。
僕が出好きなもので・・・・(^_^;)。

サンディアカフェ。存じ上げませんでしたが、位置的に似た位置にありますね。
ディナーどんなだったか教えてくださいね。
ロコモコ結構好きですよ~。こちらも気になります~(ジュルジュル)

バッハについては、弾き方にはまちまちですね。以前僕自身HPで突っ込まれたこともあります。結構苦い思い出。その時はなぜ突っ込まれたかというとスカルラッティをペダル弾きしたからです。昔、大学のピアノの先生でペダルを使う先生もいらっしゃいましたので、ペダル弾きってのも良いなぁ~と思いやってみたのですが、これは、一般的ではなかったようです。でもそういう先生もいらっしゃるということを考えると、いろんな弾き方、いろんな解釈がある気がします。

さて、「バッハに関しての」僕のアナリーゼの方法ですが、必ず、ヘンレ版とブゾーニ編を使用します。
ヘンレ版はご存知のとおり何にも書いてありません。ブゾーニ版はその逆。ペダルまで入っているんじゃないかってなくらい色々と記載されているものです。ですので、ブゾーニ編を敬遠される方もいますが、僕はブゾーニ編でチェックしたものをヘンレ版に書いて使用しています。そうするとブゾーニ版の必要な部分だけが、ヘンレ版にすっきり記載されることになりちょうど良いからです。

一番目にチェックするのはスラーの位置。
ヘンレ版には明らかにないですよね。
それがブゾーニ編にはあります。その位置をチェックして、その部分は多少滑らかに弾くようにします。そして、スラーのない部分は、8部音符はメゾスタッカート気味に弾き、四分音符以上はスタッカートで弾いています。ただし、拍が特殊なものがある場合は、拍を生かすために細かくアクセント気味に弾く場合もあります。

次にモルデントの弾き方。
ブゾーニ版には結構この弾き方を楽譜自体に書いてくれてあります。ですので少し複雑なモルデントについては、この楽譜を参考にしています。

最後に時代背景とチェンバロ的、ハープシコード的な演奏の参考をこのHPで確認しています。
ttp://fweb.midi.co.jp/~ferner/list-b/inventio.html(頭に「h」を入れてご使用下さい)

以上を踏まえて演奏すれば比較的マトモな演奏になってくるようです。
ただ、最後に申し上げておきますが、インベンションは高校くらいでやったのでこの方法ではないため、ブゾーニ編を使っておりません。ですのでどういう譜面面になっているかは判りませんが、色々と書いてあることは間違いないと思います(その手の筋では書きすぎで有名なものですので・・・・)

ということで参考になるかどうかはわかりませんが、ご参考になさってみてくださいね。
つたない説明で失礼いたしました。
(^-^)/~

そうそう、楽譜情報としてブゾーニ版の検索結果を貼っておきますね。
ttp://store.yahoo.co.jp/gakufu-net/35413.html(頭に「h」を入れてご使用下さい)

追伸2:僕自身バッハについてはペダルを入れたことはありません。、念のため。
ペダルを入れる先生とは別の先生についていたものですから・・・・・。

丁寧な回答ありがとうございました♪

ヘンレ版とブゾーニ編を用意して。というのは、例のバッハ研究に勤しんでおられる近所のピアノの先生に聞いてはおりました。
先生も「バッハがいかに大切かしみじみ感じている」と仰ってましたが。
URLの方も試聴してきました。全然違った!!ヤマハの先生は春秋社版をお使いで、先生がいいという弾き方でやってきたのに間違えているとご指摘を受けてしまっていたのでshunさんに確認をさせて頂きました。先生も一生懸命教えてくださるのでありがたいとは思っております。ペダルをいれる先生がいらっしゃるのですから、人によって相違があるのは仕方のないことですよね。

とても勉強になりました。
お忙しい中、どうもありがとうございました。
お仕事がんばってくださいね♪

悪くはない気もしますが・・・・。

おはようございます。
春秋社版、僕の一番最初の先生がお使いでしたね。先生が学生の頃は、春秋社版が一番人気が高かったようですよ。

でも、先生、ベートーヴェンなんかも春秋社版だったし、結構オールマイティーな出版社なのかなって僕なんかは見ています。

ですので、僕自身は昨日申し上げた方法でやっておりま~す。バッハって解釈難しいですからね。最終的には一番奥が深い気がします。だから僕なんかは入っていけないんですよね。

いずれにせよ、人それぞれです~。
素敵なバッハに仕上がると良いですね♪
プロフィール

schun

Author:schun
趣味でピアノと声楽をやっている者です。
日々のたわいも無いことを綴っていきます。
生息地:静岡県
誕生日:12月24日
年 齢:39歳(5年経ちました)
家 族:じぃじ・ばぁば・よめさん
    おこちゃま
職 業:事務屋~イベント屋まで

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク