FC2ブログ

「ゆ~うやけ~♪こやけ~♪」

今日はって実際今ですね。
実は今日は4:30起きです。

この間から、やらないとまずいなぁ~と思っていたこの曲の編曲に取り掛かりました。今回は混声3部合唱に編曲をしました。
それにしても、朝から朝焼けなら話がわかりますが、夕やけの編曲
自分自身結構違和感がありました。(^_^;)。
でも、そんなこと言っていられないんです。

締め切りが、11月15日なんですよ~。(ToT)
それまでに合唱団全員分の譜面とCDを作成しないとまずい。
あと1週間なんですよね。

という訳で、作り始めました。

最初は、ソプラノを主旋律、バスを対旋律という形で作ったのですが、
なんか芸がないなぁ~って感じがして、2番はすこしハミングというかオブリガートというかをつけてみました。
今回の合唱の目標はそれぞれが響きを感じて歌うということ。
それにはまず自分の声を知る。次に自分のパートの響きを知る。
ここまでは、パート練習なんかをよくやればだいたいわかると思います。でも、その先ってなかなか難しいんですよね。ですので、その辺の響きを理解させたうえで全体の響きを作って行けるように、
ハミングやメロディーをソプラノとバスやソプラノとアルトなどなどで動かして進行させる方法をとってみました。

まぁ、形にはなった気がします。
ただ、パパッと作ったので和声法的に少し難癖がつきそう。
まぁ、とりあえず、合唱の先生にCDと楽譜をお送りして
校正をしていただこうかなと思っています。
どんな響きに仕上がるか、不安でもあり、楽しみでもあり。

いずれにしても、締切日までに楽譜・CDを仕上げないとね。
楽譜がなければ、話になりませんので・・・・。
頑張りましょう~。
ちなみに今日は音響照明の講座で22:00終了予定です~。(^-^)/~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

で、日~が~暮~れ~て~~♪
山の~お寺の鐘が鳴る~~~♪*^O^*

カラスが鳴かなくても帰るさ。とりあえずさ。
shunさん編曲お疲れ様です。
タイムリミットもあとわずかですね☆
もう仕上がったのかなあ?
ていうか、睡眠時間短いんですねえ・・・。
ナポレオン並みじゃないですか?
でも、よい曲に仕上がるといいですね♪

あと私のページ読んでくださってありがとう。演奏とコンクールは別物。どうしたいのか?っつうことなんですが。
演奏はうまくなりたいし、コンクールは受賞して「入賞したよ!!」って大見栄をはりたかったです。
だって、あたしが受けたコンクールは趣味部門中級で2人しかいなかったんだから。
確立は50%だし。上級の人なんて予選だって自分ひとりしかいなくて、本選もそこそこ弾けば入賞でしょ。
ピティナとか、ヤマハとかのコンクールと訳が違うもの。
だから、私体調不良も手伝ってアホらしいと思い一度は棄権しちゃったの。
でも、いい機会だからと思ってとりあえず受けてみたんだけど。。。。。。。
ライバルの人のほうが上手だったです。
来年は予選パスで、本選でれるんだって。
入賞すれば府中の森芸術ホールで受賞記念披露コンサートに参加できるんだって。
自己PRで、そう書けるっつう話ですよね。
バカらしい?かなあ。
なにものでもない私は、どうしたらよいのやら分かりません。。。。@@。。。。。


PS:あとね、あとね~~♪
小淵沢の「サンディアカフェ」に行ってきましたよ☆
リゾナーレのお誕生日会でご招待して頂いたんだけど、今回はビュッフェ式。
味は美味しかったぞおo^ー^o
パスタ、ピザ、おでん、サラダ、ドリンク、
まあ一般的なメニューだったけどね。
私、「バースデイメッセージ大将」に選ばれて、賞品をもらってきました♪
わたしのマイミクのアップルさんも、大将に選ばれてた。ちなみにアップルさんを推薦したのはウチの息子でした☆
今度は、私がメッセージを送った女性とランチに行ってロコモコ丼を頬張ってきまあす☆

審査基準

セージュさん、おはようございます。
ゆうやけ~は、昨日の朝の段階で1段階終了し、現在、もう一人の講師の校正を受けるため楽譜とCDを発送しました。おそらく、今日、ご連絡がくると思います。

さて、演奏の方ですが、通常のコンクールってのは、極力楽譜に忠実に。その中でどれだけ雰囲気ある表現を加えることが出来るかというところで勝負が分かれます。
雰囲気・・・・。ではどこでというと、ピアノのタッチとか、息遣いとかホント細かな部分の表現の違いで勝敗が分かれることが多いようです。

コレに対し、演奏会の方は、どれだけお客さんを感動させることが出来るかということに主眼を置いて演奏されると一般受けはするようです。
この間お話のあった作曲者の時代背景等の基礎知識についてですが、頭に入っていれば入って方が良いとは思います。ただ、あんまり、色々考えて弾くと冷めた演奏になりやすいですし、時代背景の中、作曲者がどういう心境でその曲を作曲したかというところまではなかなかつかみにくいところもありますので、僕は、時代背景は気にしないようにしています。それよりも楽曲内のアナリーゼをしっかりやって演奏する。コレが僕の演奏スタイルですね。

ただ、ちゃんとやるには、時代背景なんかも気にしなければいけないんでしょうね。
でも僕にはそこまでやれる余裕はないし、技能もないので、できる範囲のことをやっているといった感じでしょうか。

確かに、自分本位の演奏というのは、一般的に避けられる傾向にあります。ただ、個性がない演奏というのもあまり面白みがあるものでもありませんよね。その辺のバランスを、どう表現するかが、ピアノの奥の深さなのかもしれませんね。

そうそう、演奏会とコンクール。
スケートで言うと、選手権系かon ice(ショー)系かって感じでしょうかコレとも似ている気がしますね。結構同じ演目でも表現がかなり違ったりしますよ~~~。

サンディアカフェ

今度機会があれば行ってみますね。
いつになるかわかりませんが・・・・。

あの辺結構おいしいものが揃っていそうな気がしています。
また何か情報がありましたら教えてくださいね。お願いしま~す。

ロコモコ丼もおいしそうですね。
うらやましぃ~~~~~~。ジュルジュル。
プロフィール

schun

Author:schun
趣味でピアノと声楽をやっている者です。
日々のたわいも無いことを綴っていきます。
生息地:静岡県
誕生日:12月24日
年 齢:39歳(5年経ちました)
家 族:じぃじ・ばぁば・よめさん
    おこちゃま
職 業:事務屋~イベント屋まで

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク