FC2ブログ

11月12日「メディアの編集」

今日は、たまっていたメディア系の編集を一気に行いました。
いただいたDVDにヒスノイズが結構入っていたため、多少時間がかかりましたが、まぁ、多少のノイズはしゃ~ないなといういつものノリで業務を進めました。


1.今回は、歌のサークルでコンコーネの変わりにイタリア歌曲集1巻の曲を取り上げることにしたため、それをwave形式に変換するまでの作業を過程部分(打ち込み)も含めて実施しました。

2.文化祭の頂いたビデオの中から、ピアノ・アンサンブル・独唱・コーラス・問題の大正琴(演奏団体の上位団体から依頼があったため)部分をパソコンでMPEGにしてまず、基本となるDVDを作成しました。
→このDVDは水曜日の歌のサークルで、皆さんに見せて、駄目だしをしようかなと思っています。

3.2で作ったDVDを今度はWAVEにしてCDを作成。
→コレは、ピアノの先生や、サークル関係の代表者に配り、参考にしてもらおうかなと思っています。

4.僕が伴奏した部分の動画MPEGをインターネット上でも見えるように、WMAにエンコード調整。
→文化祭1「お歌」として舞台裏にアップしました。

という訳で、無事に終了。よかったよかった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Shunさん、おはようございます♪

私のページのコメントありがとうございました☆

↑なんだか意味がさっぱり分かりませんが、無事に終了されたんですね。
よかった、よかった!!@^-^@

今月からイブ礼拝の練習が始まるのですが、あたしも歌に参加させてもらうつもりです♪
「ソプラノがいい!!!!」って申し出たら「ソプラノ多いのよねえ・・・メゾとかアルトで音取ってくれたらいいんだけど」ですって@@。。。。
ソプラノ以外のパートってどんな醍醐味があるんですか?今の私には価値がみいだせない。

ちなみに私、仏教徒なんですが・・・・。
20年以上前にプロテスタントの洗礼を受けたことはありますが、教義にのめりこめなかった。。。。カトリック教会に自分流に描いた宗教画をプレゼントしたこともあるの。
イタリア人のマウリッツオ牧師先生が当時感激して下さいました。
やっぱ私、やる事なす事ヘンだね☆

無事に終了。

セージュさん、おはようございます。
訳のわからない業務、12日分は無事に終了しております。
今から、その続きの作業を行なって、2種類のバージョンで、合計22枚のCDを焼く予定です。

ちなみに僕なら、アルトかテナーを選びますね。僕自身テナーですし・・・。

アルトを薦めるわけ
①女声3部の場合最低音になるため、主旋律に対する対旋律になりやすく、比較的歌いやすい。
②ソプラノは五万といますが、アルトは比較的人口が少ない。バイオリンとビオラの人口比みたいなものですね。このため、それでやっていても人とは違うアプローチが出来る。(人とは違う歌を歌える)
③混声でやる場合は、テナーと協力して、ハーモニーの一番繊細な部分を扱う。
このため、雰囲気作り、和声の乗せ方の勉強になる。とりにくい進行の場合もあり、音感も身につきますしね。

こんなでしょうか。合唱形態により、ベースの部分も出来たり、繊細なハーモニクスの部分を扱えたりするので、色々と勉強になると思いますよ~。ちなみにメッツォでは③しかないですから、メロディラインを多少は歌えるものの、幅広さという上での勉強にはあまりならないです。

絵もお書きになるんですね。すごいなぁ~。
僕、絵は見る専門。この間も、油彩画の先生に、僕は絵だけは人前で書かないようにしているんですよ~。なんていってしまったくらい。ははは。
絵がかける人って羨ましいです。

んじゃあ、アルトにするう♪

き~~めた☆
良かった!脳みそが単細胞で出来てて。

絵といったってお絵かきですよ。
水彩絵の具でただ描いただけのもの。
変わった高校生だなあくらいにしか、思わなかったんでしょうね、きっと。
あと、ピアノ以外の楽器だったら何がお勧めですか?
フルート?ヴァイオリン?
例えばあたしに向いてるのってなんだと思いますかあ@@?

頑張ってくださいね。

セージュさん、おはようございます。
今日も日記かけそうにありません。

先ほどまでCDを18枚焼いておりまして、
今終わりました。
そろそろ出かける支度もしないといけませんしね。

アルト、頑張ってくださいね。応援しています。声域的に無理がないようでしたら、ホントお薦めだと思います。お勉強にもなりますしね。頑張ってください。

絵は、ホント羨ましいです~。
展覧会展示作業を明日に控えているから、余計羨ましくなりますね。

さて、楽器ですが、唇によるかなといった感じです。唇が薄い人は木管向き、唇が少し厚い方は金管向きと言った感じです。
あと、音感がしっかりしていて、良い音色、イマイチの音色の区別が付くようでしたら、バイオリンでも良いでしょうね。
とにかく、弦楽器とトロンボーンは、耳がしっかりしていないと難しいかな。
参考になるかどうか不明ですが、ご検討ください。ではでは~(^-^)/~
プロフィール

schun

Author:schun
趣味でピアノと声楽をやっている者です。
日々のたわいも無いことを綴っていきます。
生息地:静岡県
誕生日:12月24日
年 齢:39歳(5年経ちました)
家 族:じぃじ・ばぁば・よめさん
    おこちゃま
職 業:事務屋~イベント屋まで

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク