FC2ブログ

とある演奏会での話

昨日はとある演奏会に行ってきました。
合唱のサークルの先生とご一緒したのですが、なかなか不思議な演奏会でした。
とある先生の作曲された曲を中心に構成されたプログラムだったのですが、途中に、胡弓が入って、全然関係ないシルクロードのテーマとかをやっていたんですよね。コレとその先生とどう言う関係があるんだろう?おまけに合唱と独唱が中心なのに、そこにポツンとこの演奏。
すっごく違和感を感じたと同時に不思議な間隔になってしまいました。

こういう構成って結構難しいんですよね。
ただ、あまり統一感がないと、寄集め的な演奏会ととられてしまうこともあるので、その辺をコレを構成した方は考えなかったんだろうなぁ~と感じました。

で、何でわざわざ言ったかと申しますと、昔、近隣の街でやったオペラで一緒に活動した方(当時は国○音大の1年生だったんですが)がこの演奏会に出演されるということで、聴きに言った訳です。
もう、早いもので彼も25歳になっていました。
講師の先生と彼の出番が来て、聴き始めました。
あれ・・・・。どうしたの・・・・?

う~~~~ん。発声昔の方がよかったんじゃないの。
頭声過ぎて、逆に恐い発声。恐い歌声になっているじゃないですか・・・。
子音も立っていないし、奥から響かせすぎで何をしゃべっているのか日本語なのに理解できないし・・・。
ちょっとビックリしてしまいました。
昔は前向きな発声でよい声だったんですよ~。
どうしちゃったのだか・・・・。

合唱の先生もそのことには気づいたようで。
ふたりで同じ見解で帰りお話をしながら帰ってまいりました。
でも、この子来月はボエーム(プッチーニ)を歌うんですよ~。
あんな発声で歌えるのかな?
まぁ、頑張ってもらうしかないんでしょうね。

発声は一歩間違えるととっても声色(こわいろ)が恐色(こわいろ)
に変化してしまいます。
発声法の重要性をひしひしと感じた演奏会でありました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

発声。。

こんばんわぁ~schunさん。確かに発声。
私は、まだ全然頭声が出来ないので、偉そうなことは言えませんが、

プロの方の中にも、日本の歌なのに、歌詞が何を言っているのかさっぱり判らない方がいます。恐色(こわいろ)ですね。

歌のアンサンブル。。私の声が異音で。。なかなか声質がとけ込めず。。
発声もう少しちゃんと勉強しないととは思っていますが、フォークの歌歌うときは、自分の声質気に入っているので、使い分けられたらいいなと。。

いつかはピアノ弾き語りもしたいので。。。

頭声

あきさん、おはようございます。
そうですね。コーラスとなるとあきさんの声は少し目立つかもしれませんね。
コーラスならもう少しのどの奥を開けて、上に響かせたほうが良いかもしれません。
でも、僕あきさんの声とっても好きですよ~。
絶対あきさんはソロ向きです。
あきさんの声でイタリア歌曲やドンジョバンニあたりのアリアやケルテッシュ系・古楽器のボーカルにあきさんの声はピッタリ遭う気がしています。ですので、その声も大事にしてください~。

今度はソロで聞かせてくださいね。楽しみにしています!!
プロフィール

schun

Author:schun
趣味でピアノと声楽をやっている者です。
日々のたわいも無いことを綴っていきます。
生息地:静岡県
誕生日:12月24日
年 齢:39歳(5年経ちました)
家 族:じぃじ・ばぁば・よめさん
    おこちゃま
職 業:事務屋~イベント屋まで

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク